サブステージの充実を図るべく接続テストをしてみた

以前の記事で「サブステージの充実を図るべくマルチケーブルを購入」を書きました。
マルチケーブルというのは、ミキサー卓を客席後方に移動するために延長するためだけのものですが、実際に今回のサブステージでは、さまざまな充実を図ろうとしております。
ということで、本番で困らないよう、接続テストをしました。
ISK_0004_subpa
 
 
■入力系

まずは入力ですが、今回のサブステージでは、
1)メインボーカル
2)コーラス1
3)コーラス2
4)コーラス3
5)アコギ
6)キーボード
7)同期演奏用シーケンサー(LRの2チャンネル)
の8チャンネルが最大になります。
 
メインボーカル、コーラス1&2&3、ギター&キーボード用のDI
ISK_0044_subpa
 
同期演奏用シーケンサーはSONAR
ISK_0010_subpa
 
 
■3分配(PA、同録、イヤモニ)

今回のサブステージの充実で一番の目玉は、”ライブの音を作る”というだけではなく、”ライブの音を録る”という点にもあります。
前回のメインステージで好評だったマルチトラック・レコーディング。
メインステージは、チャンネル数も多い(32Ch)のでSONARで直接録音しましたが、サブステージはちょうど8チャンネルなので、こちらのzoom R24で録音します。
ISK_0015_subpa

R24だとアナログで入力しなければならないので、ステージ上の入力系を分配(スプリット)する必要があります。
ラック下段のケーブルがいっぱい刺さった箱が、今回導入したスプリッター(分配器)「ART S8-3WAY」です。
ISK_0017_subpa
このART S8-3WAYは1系統の入力を3系統に分配できるのですが、分配後は
1)ALLEN&HEATH ZED-14=PA用
2)zoom R24=マルチトラック同録用
3)BEHRINGER POWERPLAY=イヤモニ用
の3つに送ります。
 
 
5年前から愛用しているALLEN&HEATH ZED-14
いままでのサブステージはこれ1台でがんばってくれてました。
今回も、サブステージのサウンドは彼にお任せ。
ISK_0031_subpa
 
 
いつもはEPO-ism、fujimigaiという同期演奏を行うバンドで使用しているシーケンサー&イヤモニシステムのラック。
ラックには、
1)ROLAND OCTA-CAPTURE=オーディオ・インターフェース
2)BEHRINGER ADA8000=アナログ→デジタル変換
3)BEHRINGER POWERPLAY 16 P16-I=イヤモニ(QUEシステム)
が入ってます。
EPO-ismもfujimigaiも今回は出演しないので、サブステージで使えるようになりました。
ISK_0009_subpa
 
 
ちなみに、こちらはメインボーカルにコンプをかけるためだけに使用するV-Studio 100
こいつも6年くらい前からの相棒で気に入ってましたが、ホームページを見たら「販売完了」になっちゃってました。いいやつはみんな去っていく。まぁ、Cakewalk製品でコンセプトもユニークだったので、いつかそうなる運命だとはうすうす感じていましたが。
ISK_0030_subpa
 
 
 
■ケーブル

これだけの機材を使うとなると、一番心配なのがケーブル。
ケーブルでつなげられないと、ただの箱ですから。

これは想定外だった。
マルチケーブルにおいて、タコ足になっているところがスプリッターのコネクターに届かないというトラブル発生。
IMG_20150623_132847
IMG_20150623_131755
うわー、まじかよ。

ということで、タコ足部分に切れ込みを入れて、足長にしました。
IMG_20150623_161400
 
 
スプリッターのラックに対してイヤモニのラックが横向いちゃってますが、これはマルチケーブルが短かったためです。
やっぱりもうちょっと長めを買っておけばよかったぁーーー。
IMG_20150623_185040[1]
 
 
 
てなわけで、いろいろありましたが、ケーブルを全てつなげて音が鳴ることは確認できました。良かった。良かった。
本番の前に一度、会場を借りてリハーサルをやる機会があるので、まずはそこで再度チェック。
そして本番(7/11)です。
いやぁ、楽しみ、楽しみ。
おっとその前に、中身の音源をちゃんとしないと。

 
 
 
♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ライブ情報 ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪

■イベント名=ちょうふバンドフェスティバルVol.11

■会場 =調布市グリーンホール小ホール
住所:〒182-0026 東京都調布市小島町2丁目47−1

■入場料 = 1,000円/一人

■月日 = 2015年7月11日(土)

■開場 = 13:30

■開演 = 13:40(終了は19:30頃予定)
cbf11フライヤー表
cbf11フライヤー裏

フライヤー拡大版のダウンロード
CBF11表CBF11裏

 
 
♪ ♪ ♪ SONAR講師・井坂のその他のワーク ♪ ♪ ♪
映像・音楽制作/イベント企画/DTM教室


コメントを残す