fujimi-guysのリハでプロンプターのテスト


昨夜はfujimi-guysのリハでしたが、もともと新ギタリストのイヤモニ慣れが目的で出席者も少なかったので、プロンプターのテストをしたのでした。

 
fujimi-guysはSONAR(DTMソフト)を使って同期演奏をするバンドなので、歌詞も曲に完璧に連動できます。
下写真のSONAR画面で一番上のトラックがビデオトラックです。その下のトラックはMIDIトラック。
難点は歌詞を表示しているのがビデオファイルということ。
曲に連動したビデオファイルを別途作らなければならないので、テンポ変更や構成変更、歌詞の打ち間違いなんかが生じたら、またビデオの編集からしなおさなければなりません。
最初、パワポがMIDIに連動してスライドショーができないか? 等、いろいろ探してみたのですが、見つけられず、SONARにビデオをインポートするという形しか思いつきませんでした。
結果だけを見ると、非常に素晴らしい歌詞プロンプターなのですが、制作の手間やメンテナンス性を考えるとまだまだ改良の余地がありそうです。
IMG_20160806_200619
SONARのパソコンから、同期演奏用のクリックやら歌詞やら全部出力しているっていうことになりますので、このパソコンが壊れたらこのバンドは何も演奏できなくなります。
それもまた怖い話だ。
IMG_20160806_200343
でもこれがあれば楽だーね。
IMG_20160806_200433
IMG_20160806_200421
IMG_20160806_200600
 
けど、やっぱりケーブルはすごいことになってます。
IMG_20160806_200639
 
それと、また機材が増えた。
ディスプレイ3台を入れるケースをユニディで物色したら、こんなキャスター付きのすごいボックスになりました。
アウトドアか! 
IMG_20160806_103419
IMG_20160806_111745
 
 
 

♪ ♪ ♪ ♪ 井坂治のライブ情報 ♪ ♪ ♪ ♪

 
■SBF01 2016.9.24(土) 草加アコスホール
■CBF15 2017.1.22(日) 調布グリーンホール小ホール

コメントを残す