オンラインレッスンは電話とchromeリモートデスクトップ

以前は音声通話はSkype(スカイプ)。画面共有はTeamViewerというソフトで行っていました。
しかしSkypeでつまづく人が結構多かった。

なぜSkypeか? というと無料だから。レッスンは1時間、2時間。多い人で3、4時間とぶっ続けでレッスンをする人もいるので、やはり無料通話は必須。

でも、最近では携帯会社の音声通話無制限という契約をしている人もいて、「電話でいいですか?。かけ放題なんで。こちらからかけます。」ということで生徒さんからかけてもらって電話でレッスンしているケースがほとんどになってきました。

スマホをスピーカーにして、電話で話しながら、生徒さんのPC画面を見ながら、レッスン。
PC画面を見るのはchromeリモートデスクトップという無料のアプリ(gmailは必要)。

とりあえず電話、っていうところがお手軽で、生徒さん側の負担をかなり軽減しているようです。

DTM(デスクトップミュージック)ソフトが動くPCはそこそこハイスペックなので、ノートパソコンでもそれなりの大きさになってしまいます。それを持って移動するのも大変ですよね。オンラインレッスンは自宅にいながら自分のパソコン、普段の自分の音楽制作環境でレッスンができる。

かなりおススメです。


ちなみに、レッスン内容は、DTMソフトの使い方、作曲、編曲、、、なんかよりも、
パソコンの使い方がほとんど。
ソフトのインストールの仕方や、アクティベーションの仕方、プロジェクトファイルのコピー、オーディオインターフェースの設定、等々。。。

〇音楽好きなギターおやじ!

〇昔、バンドやってました! 最近、おやじバンドで音楽復活しました!

〇パソコンは苦手。ドラッグ&ドロップを最近ようやく理解しました! でも自分でデモテープ作りたい!

っていうシニアな人、多いです。

★コロナ禍で家に引きこもっている時間が長い。この時間で作曲でもするか!

と思い立った、そこのあなた! ぜひ、DTMやってみませんか?

ということで、最近のDTMオンラインレッスン事情でした。